FLOWER

屏風「親鸞」とは 2011年(平成23年)は親鸞聖人の七百五十回忌にあたり、真宗大谷派東本願寺より依頼され作成した六曲一双(縦2.1m、横5.8m×2)の水墨画の屏風です。東本願寺では、1561(永禄4)年に宗祖・親鸞聖人の三百回忌を「御遠忌」として勤めて以来、50年ごとに「御遠忌」を勤めており、近年ではこの御遠忌の際に、それぞれの時代を代表する芸術家に依頼し、後世に残る作品を描いてもらっています。

1911(明治44)年 (六百五十回御遠忌)
竹内栖鳳 御影堂門天井画「飛(ひ)天(てん)舞(ぶ)楽(がく)図」
(未完成で原画のみ。後年、境内の大寝殿の大障壁画を描く。)

1961(昭和36)年 (七百回御遠忌)
棟方志功 渉成園内持(じ)仏堂(ぶつどう)「園(おん)林堂(りんどう)」襖絵

2010年5月に依頼を受けた井上雄彦は親鸞聖人が修行をした比叡山や流罪となった新潟、茨城に実際に足を運び、2011年3月10日(東日本大震災の前日)に屏風「親鸞」を完成させました。

「東日本大震災」被災者支援企画

東本願寺では、当初、この作品に関する商品は制作しない予定でしたが、2011年3月11日に発生した「東北関東大震災」の被害の甚大さを鑑み、関連グッズを制作し、収益金を震災復興に役立てていただくことにしました。

義援金寄付報告